御由緒・いわれ

国指定史跡 市尾墓山古墳

奈良県高市郡高取町大字市尾字墓山

 墓山古墳は墳丘の長さが約」70m、高さが10mの前方後円墳です墳丘は二段に築かれ、周濠と外提をあわせると全長100mの規模になります。
昭和53(1978)年の発掘調査で、後円部からは横穴式石室が検出され、家形石棺が確認されました。また石室内からは武器、馬具、玉類、土器などが出土しました。平野部にある前方後円墳であり、大和盆地においては初期の横穴式石室や巨大な凝灰岩製の刳り貫き家形石棺をもつこと
などから、昭和56(1981)年に国史跡に指定されました。
 平成16(2004)年度から平成18(2006)年度に行われた調査では、古墳築造に使われた多くの粘土の固まり、石室をつくるときに地下に埋め込まれた基礎石、墳丘一段と二段目の間のテラス部分に立て並べられた埴輪列、周濠から鳥、笠、石見型などの木製品が出土しました。
 墓山古墳の築造された時期は、出土遺物などから6世紀初めごろと考えられえます。古墳時代後期を代表する貴重な古墳で、当時この地域に権力をもった豪族が葬られていたと考えられます。

                                          平成19年(2007)年3月
                                            高取町教育委員会

                                        ~市尾墓山古墳看板より~
 

歳時記




情報

住所
TEL
駐車場
トイレ
HP

 奈良県高市郡高取町市尾
 -
 -
 -
 高取町観光ガイド

アクセス